Blog

お酒・カクテル、お店のことを定期的に更新

2023.1.28

カテゴリー: #Drinks

野原の片隅に咲くウイスキー


【野原の片隅に咲くウイスキー】

1823年に設立された 今年で200周年を迎える
スコットランド・ローランドの蒸溜所
「AUCHENTOSHAN DISTILLERY」
(オーヘントッシャン蒸留所)

「オーヘントッシャン」はゲール語で
「野原の片隅」の意味です

1994年にサントリー(現在はビームサントリー)
所有の蒸留所となりましたが、
このボトルはそれ以前の1980年代の
Stanley・P・Morrison社の頃のモノになります。

伝統的な3回蒸溜製法で作られた、
穏やかで繊細な味わいのシングルモルト。
野原の片隅に咲くウイスキー。
是非一度、ご賞味ください。

関連記事